ニュース     ファンヘ北道ウンパ郡テチョン里で新居入りがありました
 敬愛する最高指導者金正恩委員長の人民に対する観点、滅私奉仕の気高い意志に則り、被害復旧に奮い立った人民軍軍人によって、ファンヘ北道ウンパ郡テチョン里に僅か2ヶ月余りで820棟余りの住宅が立派に新築されました。
 15日、朝鮮労働党の深い思いやりによって被害を復旧したテチョン里で、新居入りの集いがありました。
 朝鮮労働党ファンヘ北道委員会パク・チャンホ委員長と関係者が、テチョン里の住民と建設に当たった軍人たちと共に出席しました。
 パク委員長は祝辞で、敬愛する最高指導者金正恩委員長は、ウンパ郡テチョン里一帯の水害状況を聞き、数回も現地に出向いて、被害復旧のための具体的な課題と方途を示し、国務委員長の備蓄米まで送った、
 金正恩委員長の崇高な人民愛の意志に則り、党中央委員会の各部署と本部の家族が誠意を持って支援し、珍しい魚と補い薬、医薬品など多くの物資と建設資材を載せたトラックの車列がテチョン里に入った、と述べました。
 集いでは、住宅の証書が参加者の熱い感激と拍手の中手渡されました。
 そして、決意の表明がありました。
 発言した人たちは、人民を一番大事にし、人民の生命安全を守って苦労するのをこの上ない栄光とみなし、全てを尽くしている金正恩委員長は正に人民皆の父だ、と感激の涙を流しました。
 次いで、関係者と勤労者、軍人建設者の熱烈な祝賀の中、新居入りがありました。
 道の幹部と建設に参加した部隊の指揮官たちが、新居入りした家庭を訪ねて住民を祝い、生活用品も持たせながら喜びを分かち合いました。