ハイライト     キム・ドクフン内閣総理が経済の重要部門の実態を現地で把握しました
 朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員の朝鮮民主主義人民共和国キム・ドクフン内閣総理が、経済の重要部門の実態を現地で把握しました。
 ファンへ製鉄連合企業所とチョンリマ製鋼連合企業所の各生産工程を見たキム総理は、生産工程の技術管理に力を入れ、電気炉の溶解時間を短縮し、毎回の製鋼量を増やせる効率的な作業方法を取り入れると共に、原料保障の対策を追いつかせて毎日の生産計画を必ず達成することを強調しました。
 ナムフン青年化学連合企業所でキム総理は、各職場、各工程間の連携を緊密に保ち、先進技術を積極的に活用し、設備の整備と補修を計画的に行うことに触れました。
 現地で開かれた協議会では、国内の燃料、原料による製鉄システムの技術的完成と耐火物生産工程の近代化を始め現存の生産土台を補強して能力を拡大し、コンプレッサーの点検と修理を自力で行って肥料の産量を大幅に増やすための対策が講じられました。
 一方、キム総理はクムソン・トラクター工場の増改築工事の実態を現地で把握しました。