敬愛する最高指導者金正恩委員長がハムギョン南道コムドク地区の被害復旧現場を現地指導しました
 朝鮮労働党委員長で、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官である金正恩同志がハムギョン南道コムドク地区の被害復旧現場を現地指導しました。
 パク・チョンチョン、リ・イルファン、キム・ヨンス、チョ・ヨンウォン、ヒョン・ソンウォル、キム・ミョンシクの各同志が同行しました。
 臨時に復旧された危険千万な峡谷線路に沿って遠く険しいコムドクにまで来た金正恩委員長を人民軍指揮メンバーは大きな感激の中、迎えました。
 金正恩委員長は、実際来てみるとコムドク地区の被害が考えたよりとても大きかったとし、酷い被害の跡を癒し、復旧建設を力強く推し進める人民軍軍人の勤労の偉勲を高く評価しました。
 そして、建設現場の全域が力強い宣伝鼓舞活動で沸きかえり、軍人の気勢が高い、現場での政治活動を迫力があるよう立派に行っていると述べました。
 さらに、工事現場を見て、建物の質が高く、ひとつひとつの施工を几帳面に行い、真心を尽くしたことが分かる、と言って建設に動員された軍人たちの仕事振りを高く評価しました。
 また、住宅建設に捧げた軍人たちの心と隠れた努力はその住宅で暮らす人たちが思い測り、人々が評価するだろう、党と人民に限りなく忠実な人民軍の真心が建物ごとに秘められるようにすべきだと強調しました。
 金正恩委員長は、コムドク地区の被害復旧に動員された各部隊、区分隊がこれからも自然災害による被害を被らないよう、土砂崩れの危険がある道路と線路区間に対する擁壁工事をコンクリートで堅固にし、河川の整理も質的にしていることを評価しました。
 金正恩委員長は、党中央が与えた聖なる任務を受け、各地の被害復旧に急派されて大激戦を思わせる作業を行い、英雄の神話と奇跡を生み出している人民軍軍人がいて、栄えある朝鮮労働党創立75周年を盛大に記念し、祝いの広場が一層輝きを増したとし、災害復旧に勇敢に挑んでいる軍人建設者皆に感謝しました。
 そして、全党、全社会が被害復旧建設の前列に立った人民軍軍人を励ますための気風を確立すべきだ、軍人たちを力づける激励の手紙も送るなど、政治的・思想的支援活動を繰り広げて、高揚した雰囲気を一層盛り上げるべきだと述べました。
 また、軍人たちの越冬用被服の供給状況と生活保障の実態を調べ、寒くなるので軍人たちの健康管理に格別関心を持つべきだ、防疫学的要求に合うよう生活環境をつくり、患者が発生すれば適時治療対策を立てられるよう条件を充分整えるべきだと述べました。
 金正恩委員長は、今月末まで被災民に新しい住宅をあてがうことができて嬉しい、公共施設と個別所帯に分宿して苦労している罹災民の食糧と生活必需品の供給対策を徹底させ、その生活をよく顧みなければならないと念を押しました。
 さらに、住宅建設現場に行く途中、山の傾斜面に平屋が不揃いに狭く配置されている光景を見てとても心労しました。
 金正恩委員長は、今、自然災害が襲って天が古い家屋を崩した後になってから新しい住宅を建てているが、地方の建設をこのようにしてはならない、先日も話したことだが地方建設の目標を計画的に立て、ビジョンを持って行うべきだと述べました。
 金正恩委員長は、テフンとコムドク、リョンヤンの世紀的立ち遅れを一掃し、新世紀に相応しい近代的な住宅を建てて、共和国屈指の大規模な鉱物産地であるコムドク地区を、サムジヨン市の後を継ぐ国家的な山間部の都市のモデル、鉱山都市に立派に変貌させる大構想とビジョンを示しました。
 そして、今行っている被害復旧建設を第1段階とし、80日間キャンペーンの間、総力を結集して質的に完工し、第2段階として第8回党大会で示される5ヵ年計画期間にコムドク鉱業連合企業所、テフン青年英雄鉱山、リョンヤン鉱山に2万5千世帯の住宅を新築する決心を述べました。
 金正恩委員長は自分の責任として、人民軍と共にコムドク地区の鉱山村をこの世にまたとない鉱山都市、皆が羨む史上初の山岳峡谷の都市に築くとし、コムドク地区の建設方向について具体的に教えました。
 また、設計部門で80日間キャンペーンの間、コムドク地区建設総計画案を作成する課題を示し、設計で必ず現地踏査をし、自然災害の心配がなく、生活上の不便が無いよう敷地を正しく定め、人民の要求を徹底的に反映して住宅の外部と内部の形成案を作るよう強調しました。
 さらに、コムドク地区に平屋、低層、多層、高層住宅をバランスが取れるよう配置し、地方の郡、山奥の郡には、ちっぽけな平屋だけを密集して建設する古い習慣を無くし、コムドク地区をすっかり一新して、地方建設で又ひとつのモデル、革命を創造するようにするだろうと述べました。
 金正恩委員長は、コムドク地区がこれから、いかなる大水や台風にもびくともしないよう河川の浚渫と石張りをよくし、治山治水を重視すべきだと述べました。
 そして、今日また、人民軍を信じて世紀的な膨大な課題を決心した、労働党の雄大な抱負と理想が国中の人々に新たな自信と希望を与え、革命の新たな高潮期、激変期を開くための80日間キャンペーンの火種になるだろうと述べました。
 また、朝鮮革命の秒針は、人民軍の歩みの速度に沿って回り、人民軍の歩みの速度はすなわち朝鮮革命の前進速度だ、人民軍が人民のためのことでは満足を知らない労働党の攻撃速度に足並みをそろえて、疾風のごとく疾走し、幸せな国の未来を1日も早く手繰り寄せるべきだと述べました。
 金正恩委員長は、人民軍の各部隊にもう一度偉大な朝鮮人民、偉大な朝鮮労働党、偉大な共和国のため、献身的に奮闘しようと熱く呼びかけました。