敬愛する最高指導者金正恩委員長がハムギョン南道の自然災害復旧現場で建設を指導しました
 朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官である金正恩同志が、ハムギョン南道シンポ市とホンウォン郡をはじめ東海岸地区の自然災害復旧現場を見て、建設を指導しました。
 パク・チョンチョン、チョ・ヨンウォン、キム・ヨンス、ヒョン・ソンウォル、キム・ミョンシクの各同志が同行しました。
 敬愛する最高指導者金正恩委員長を、現地で、第1首都党員師団師団長を務める党中央委員会チェ・ヒ副委員長と政治委員の党中央委員会宣伝扇動部リ・ヨンシク第1副部長、参謀長の朝鮮労働党ピョンヤン市委員会シム・インソン組織副委員長、そして、各人民軍部隊の指揮官たちが迎えました。
 金正恩委員長は、迎えに出た首都党員師団の指揮メンバーと嬉しく挨拶を交し、栄えある朝鮮労働党創立記念行事の間、常に苦しく骨の折れる工事現場に出向いている首都党員と人民軍軍人に思いを馳せた、皆に会いたくて、その間の努力と献身を激励するために来たと述べました。
 金正恩委員長は、他郷で首都党員と人民軍軍人が大変苦労しているとし、その汗と情熱が秘められた住宅を長いこと親しみを込めて眺めました。
 そして、専門建設者に劣らず住宅を非の打ち所がなく立派に建てた、この住宅は首都党員の党に尽くす忠誠心の結晶だ、最精鋭の首都党員師団の戦闘力が実践で遺憾なく誇示された、と満足の意を表しました。
 また、人民軍軍人がハムギョン南道の被害復旧現場でも偉勲創造の炎を盛んに燃え上がらせて、労働党の構想と人民の志向と要求が具現された新しい住宅を林立させ、奇跡的な成果を上げていることについて評価しました。
 金正恩委員長は、われわれはこれからも地方建設でその地帯の特性を生かす方向で絶え間なく新しい典型とモデルを創造しなければならないとし、労働党の雄大な地方建設の構想を実現する上で設計機関の任務がとても重要だと強調しました。
 そして、建設監督部門の責任感と役割を高めるのは、われわれが一番重視すべきまた1つの問題だと取り立てて強調しました。
 金正恩委員長は、土の硬化材で住宅エリアの道路を舗装する案を研究し、導入してみるよう指示しました。
 また、住宅ごとに果樹を沢山植えるようにし、周辺の山の森林造成も将来を見通して着実に進めなければならないと述べました。
 さらに、首都党員師団が、党から任務を受けて移動展開した地域でも、もっと高い自覚と熱意を持って奮闘しなければならないとし、首都党員師団の党員皆に改めて激励の挨拶を送ると述べました。
 金正恩委員長は、住宅の建設を見守りながら、一日一日大きな期待と希望を抱いて待っている被災地の人民が本当に喜ぶだろうとし、人民に新しい生活の場、幸せの住みかを与える完工の日を一日でも繰り上げるため、皆が一層意気込んで粘り強く闘っていこうと切々と呼びかけました。