朝鮮労働党中央委員会第7期第20回政治局拡大会議が行われました
 朝鮮労働党中央委員会第7期第20回政治局拡大会議が11月15日、党中央委員会本部庁舎で召集されました。
 朝鮮労働党委員長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官敬愛する最高指導者金正恩同志が会議に臨席しました。
 政治局拡大会議に朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員と党中央委員会政治局委員、委員候補が参加しました。
 また、党中央委員会の関係部署の活動家と朝鮮労働党各道委員長、社会安全相と中央検察所長、国家非常防疫部門のメンバーが画像会議システムを通じて傍聴しました。
 党中央委員会政治局の委任により、敬愛する最高指導者金正恩委員長が会議を司会しました。
 朝鮮労働党中央委員会第7期第20回政治局拡大会議では、世界的な保健危機が悪化一路を辿る状況に対応して国家非常防疫体制を一層補強するための問題が深く討議されました。
 金正恩委員長は会議で近年の世界的な新型コロナウイルスの拡散状況の深刻さと国家防疫実態について詳細に分析評価し、80日間キャンペーンの基本戦線である非常防疫部門を一層強めるための党と軍事部門、経済部門の課題と方途を示し、国家と人民の安全を担った責任の重さを覚え、超緊張状態を堅持し続け、完璧な封鎖障壁を構築し、非常防疫活動をより力強く繰り広げることを強調しました。
 拡大会議ではまた、反党・反人民・反社会主義の行為を根絶するための党挙げての闘争をさらに強化し、特に法律執行機関で法的闘争の度合いを高めて社会政治・経済・道徳生活の全般において社会主義的美風を徹底的に守るようにすべきことが強調されました。
 党中央委員会政治局は、各議案を深く研究・討議し、重要な課題を示し、各決定を全会一致で採択しました。