敬愛する金正恩総書記が党中央指導機関のメンバーと共に迎春公演を観ました
 朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官の敬愛する金正恩同志が、党中央指導機関のメンバーと共に、2月11日、迎春公演を観ました。
 功労国家合唱団と主な芸術団体の芸術家たちが出演した公演には、国と人民を導いて革命の各年代を大きな変革と勝利で輝かせてきた朝鮮労働党への限りない信頼の念を込めて、人民が心から歌い上げたモニュメンタルな賛歌が披露されました。
 出演者たちは、前代未聞の厳しい難関と挑戦の中でも、朝鮮革命を最も正しい勝利一路へと確信を持って導き、国と人民の威容を世界に轟かせてきた朝鮮労働党の偉大さを高く称えました。
 熱烈な人民愛と献身で満ち溢れる人民大衆第一主義の政治で尊厳ある強国の新しい歴史を綴っていく金正恩総書記への熱い敬慕の念と、ひたすら労働党だけを信じて従い、全ての勝利と栄光を迎えようとの人民の忠誠の一途な思いが胸熱く感じられる労働党時代の名曲が次々と場内に鳴り響きました。
 公演が終わると、金正恩総書記は舞台に上がって、素晴らしい芸術公演で労働党の革命路線と思想に絶大な支持を表し、党中央委員会総会の活動の成果を熱烈に祝った出演者たちの誠意に感謝し、共に有意義な記念写真を撮りました。
 金正恩総書記は、場内を揺るがす熱狂的な歓呼に応え、党中央指導機関のメンバーが全党の党員と国中の人民の期待を一時も忘れず、党大会の決定実行のための厳かな前進の先頭に立って、革命に担った重くも栄誉の責務を立派に果たすものとの確信を表し、参加者皆を激励しました。