敬愛する金正恩総書記が光明星節記念公演を観ました
 朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長の敬愛する金正恩同志が2月16日、党中央指導機関のメンバーと共に光明星節記念公演を観ました。
 公演場所であるマンスデ芸術劇場はチュチェ芸術の開花期を開いた偉大な金正日総書記の貴い体臭と息遣いがありありと宿る由緒深い劇場で金正恩総書記の臨席の下、盛大な記念公演を観ることになった参加者の大きな歓喜と激情に溢れていました。
 歓迎曲が響く中、金正恩総書記リ・ソルチュ女史と共に劇場の客席に出るや参加者の皆は党と革命、祖国と人民への気高い責任感を持ち、朝鮮式社会主義建設の新たな発展期を開く金正恩総書記を仰いで最大の敬意を捧げ、歓呼しました。
 朝鮮労働党中央委員会の活動家たちが公演を共に観ました。
 国務委員会演奏団、功労国家合唱団、主な芸術団体の芸術家たちが出演しました。
 荘重な愛国歌で始まった公演は第1部と第2部に分けて行われました。
 第1部で混声二重唱と男声合唱「輝けジョンイル峰」をはじめ、金正日総書記を称える歌などが披露されました。
 公演参加者たちは2月の精気を抱き、ペクトゥ光明星として誕生してチュチェ革命の長い道のりに人類がこれまで知らない愛民献身の気高い歴史を綴ってきた不世出の愛国者の不滅の業績を声高らかに謳歌しました。
 金正日総書記の太陽のような姿がバックに移される度、天が授けた不世出の偉人、偉大な指導者を戴いて革命してきたこの上ない誇りが熱狂的な拍手となって場内に響き渡りました。
 「元帥のそばに人民がいます」の歌で始まった第2部で金正日総書記の一生の意志が宿る以民為天、一心団結、自力更生の気高い理念を高く掲げて朝鮮式社会主義を新たな勝利へと確信を持って導く敬愛する金正恩同志を仰いで人民が心から歌う偉人称賛の歌が披露されました。
 金正恩総書記の周りに固く団結してチュチェの党旗をなびかせながら第8回党大会の決定実行のための人民挙げての進軍の偉大な勝利を必ず勝ち取ろうとの朝鮮人民の鉄の如き意志を誇り示した公演は混声重唱と男声合唱「強くなびけ党の旗」、女声独唱と混声合唱「人民の心一筋」で終わりました。
 金正恩総書記のアンコールによって金正日総書記を高く戴いた限りない光栄と幸福を歌って人民に愛唱されてきた全人民的賛歌の「親しいその名」が改めて響き渡り、場内はこの上ない激情と歓喜に包まれました。
 金正恩総書記金正日総書記への人民の切なる恋しさと党中央の指導に忠誠を尽くす誓いを素晴らしい演技で見せた公演参加者たちの公演の成果に大きな満足を表しました。
 熱烈な喝采が場内を揺るがす中、朝鮮労働党中央委員会名義の花篭が公演参加者たちに手渡されました。