敬愛する金正恩総書記がポトン門辺りの川沿い地区に階段状の住宅エリアを新築する構想を示しました
 朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長の敬愛する金正恩同志が、ポトン門辺りの川沿い地区に階段状の住宅エリアを新築する構想を示し、現地を見ました。
 党と政府の幹部であるチョ・ヨンウォン、キム・ドクフン、チョン・サンハク、リ・イルファン、オ・スヨン、チェ・サンゴン、キム・ジェリョンの各同志と朝鮮労働党ピョンヤン市委員会キム・ヨンファン責任書記が同行しました。
 敬愛する金正恩総書記は、ピョンヤンの都心を流れる眺めの良いポトン川のほとりに沿ってモダンな階段状の住宅エリアを形成し、多層、低層住宅をバランスよく配置して、この地区をユニークに一新する構想について説明しました。
 敬愛する金正恩総書記は、朝鮮の素晴らしい自然景観にマッチさせて建築物の設計と園芸設計をきちんと行い、都市の特性と魅力を生かすべきだとし、ポトン門辺りの川沿い地区に階段状の住宅エリアを朝鮮の住宅エリアのモデルとして立派に建てるだろうと述べました。
 そして、ポトン門辺りの川沿い地区に建てる階段状の住宅エリアの800戸はピョンヤン市の1万戸の住宅建設とは別途に党中央委員会が直接担当し、建設を進めて今年中に完工して、党と国家のために献身的に勤めている各部門の模範労働者、功労者と科学者、教育者、文筆家をはじめ勤労者に贈ろうとすると述べました。
 また、関係者たちが都市緑化と自然景観設計についての認識と常識に欠け、関心も持っていないことについて指摘し、都市建設を建物と自然を一つに解け合わせ、生活空間と生態空間を科学的に配置して、仕事と休み、交通などを有機的に組み合わせるべきだと述べました。
 敬愛する金正恩総書記はポトン門辺りの川沿い地区に新築する階段状の住宅エリアの完成予想案を見て、建設計画関連の具体的な方向と課題を示しました。