敬愛する金正恩総書記が共和国創建73周年記念行事に参加した模範労働者、功労者に会って祝いました
 朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長の敬愛する金正恩同志が9月8日、党中央委員会本部で、共和国創建73周年記念行事に参加した模範労働者、功労者に会い、暖かく祝いました。
 金正恩総書記は、模範労働者、功労者の手を嬉しく一人一人取って、わが国家の富強発展に貢献した誇りを胸に共和国創建記念日を迎えることを祝いました。
 総書記は、われわれの聖なる愛国の歴史の中には、各々の持ち場で勤労の汗を流して国富を増やし、科学と文化部門の先頭で国の栄誉を馳せ、社会主義文明の開花期を開くことに大いに貢献した模範労働者、功労者の功績が濃くにじんでいると評価しました。
 そして、共和国の尊厳と強い気概は愛国の熱意に燃える朝鮮人民の英雄的闘争の貴い結晶だとし、厳しい難関を世代と世紀を継いで乗り越え、百回も立ち上がり、千回も飛躍して愛する祖国を支える剛毅な人民の不屈の闘いは、世界のどこにも見られないチュチェの朝鮮特有の国威であり、国風だと述べました。
 総書記は、家事より国事を先に思い、薪水の労をいとわず一身を投げ打って、国の重荷を一つでも減らすため奮励努力する愛国者が多いのは、わが党と国家にとって大きな力と励ましとなるとし、模範労働者、功労者と共に意義深い記念写真を撮りました。
 記念撮影に次いで、敬愛する金正恩総書記の臨席の下、本部の庭園で盛大な祝宴が行われました。
 チェ・リョンヘ、チョ・ヨンウォン、キム・ドクフン、パク・チョンチョンの各同志を始め党と政府、軍部の幹部たちが模範労働者、功労者と席を共にしました。
 祝宴では祝辞がありました。
 総書記は、工業、農業、科学、教育、保健医療、スポーツ、文化芸術部門を始め人民経済の各部門で陰日なたなく忠誠と愛国の道に一生を捧げている模範労働者、功労者を身近に呼んで、その健康と仕事での成果に暖かく気を配りました。
 そして、わが党が国家の礎、大黒柱として大事にする模範労働者、功労者が自分の人生の志向と粘り強い実践でわが社会を美しくつくり、国中を革命熱意、愛国熱意で盛り上がらせることで旗手になり、熱源になるべきだとし、参加者皆が共和国の力と尊厳を一層養い、栄える強国の未来を繰り上げるための聖なる偉業で目覚しい偉勲を立てるものとの期待を表しました。
 勉強と少年団組織生活で並外れた模範を示した平凡な勤労者の子女たちも身近に呼んだ総書記は、国のために大きなことをした模範労働者、功労者と共に党中央委員会本部に招かれた少年団員が実にけなげだとし、子供たちを国の立派な担い手に育てている父母たちの努力を高く評価しました。