朝鮮労働党創立76周年記念講演会が行われました
 有意義の党創立記念日に際して、朝鮮労働党中央委員会が10日、党中央委員会本部で記念講演会を催しました。
 朝鮮労働党総書記の敬愛する金正恩同志が党創立76周年記念講演会に出席しました。
 金正恩総書記が会場に姿を現すや、参会者のみなは総書記を仰いで熱狂的な歓呼を上げました。
 朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で、党中央委員会書記のチョ・ヨンウォン、パク・チョンチョンの各同志が参加しました。
 また、朝鮮労働党中央委員会書記と各部の責任幹部、各道、市、郡、連合企業所党委員会の責任幹部、委員会、各省、中央機関党委員会の責任幹部と武力機関の政治活動家が参加しました。
 朝鮮労働党総書記の敬愛する金正恩同志が「社会主義建設の新たな発展期に即して党活動をさらに改善・強化しよう」という歴史的な演説を行いました。
 参加者のみなは、かつてなく困難で複雑な朝鮮革命を勝利一路へと力強く導いて祖国と人民、時代と歴史の前に末長く輝く不滅の業績を積み上げた偉大な朝鮮労働党の76年の歴史が集大成され、党を革命の強力な政治的参謀部として組織的に、思想的にさらに強化し、党活動全般に人民大衆第一主義を徹底させるための原則的な問題と実践の方途が示された総書記の演説を丁寧に、また真摯に聴きました。
 金正恩総書記が演説を終えると、熱狂的な歓呼が上がり、場内は限りない激情と興奮で沸き返りました。
 朝鮮労働党創立76周年記念講演会に参加した党責任幹部のみなは、朝鮮労働党の偉大さと革命偉業の勝利に対する信念をさらに固め、歴史的な第8回党大会の決定と共和国政府の施政方針を徹底させるための闘いで自分の責任を全うする決意を固めました。