敬愛する金正恩総書記が中国人民義勇軍の朝鮮戦線参戦記念日に際して中国人民義勇軍烈士陵園に花輪を送りました
 朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長金正恩同志が中国人民義勇軍の朝鮮戦線参戦記念日に際して、ピョンアン南道フェチャン郡にある中国人民義勇軍烈士陵園に花輪を送りました。
 金正恩総書記は祖国解放戦争のとき、中国共産党と中国政府は極めて困難な状況下でも抗米援朝保家衛国の旗印のもとに中国人民義勇軍を朝鮮戦線に派遣する戦略的決断を下し、私心のない革命的支援をし、朝中両国の人民と軍隊の団結した力で偉大な勝利を達成することによって朝中両国の安全を守り、血と命で朝中友好の歴史に輝かしい1ページを記した、
 帝国主義の侵略を退ける同じ塹壕で義勇軍の将兵が朝鮮革命を助けて流した血と功績を朝鮮人民は永遠に忘れないだろうし、血縁の絆で結ばれた朝中友好は世代が変わっても色褪せることなく、さらに強固なものになるだろう、
 烈士の貴い魂が名誉の壇上で永遠に生きることを祈る心と敬意を込めて、烈士陵園に花輪を送ると述べました。
 朝鮮人民を代表して金正恩総書記が送った花輪が25日、中国人民義勇軍烈士陵園に進呈されました。
 また、朝鮮労働党中央委員会と朝鮮民主主義人民共和国国務委員会からの花輪が捧げられました。