朝鮮労働党中央委員会第8期第5回政治局会議が行われました
 朝鮮労働党中央委員会第8期第5回政治局会議が12月1日、党中央委員会本部で行われました。
 敬愛する金正恩総書記が会議に臨席しました。
 会議に朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員と党中央委員会政治局委員、委員候補が参加しました。
 会議で朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会の招集についての問題が協議されました。
 金正恩総書記が会議で司会しました。
 総書記は、国の経済発展に依然と困難が横たわる中、この一年間、党中央の正しい指導により、第8回党大会で決定された主な政策上の目標が、迫力に満ちて力強く推し進められた、
 国家経済が安定して管理され、朝鮮労働党が重視する農業部門と建設部門で多大な成果が収められたことをはじめ、政治、経済、文化、国防部門など、国家活動の全般的な分野で肯定的な変化が起きたのは非常に励まされるべきことだとし、この過程に各部門ではこれからの発展に必要な貴い経験を積んだと述べました。
 そして、これらの成果は、国の経済発展と人民生活の向上目指す土台づくりのために計画された活動全般が活気を帯びて前進していることのあかしで、朝鮮式の社会主義の新たな勝利への自信を持たせているとし、総体的に今年は勝利の年だという党中央委員会の評価を下しました。
 また、来年は今年に劣らず非常に膨大な闘争を展開すべき重要な年になるとし、党中央委員会は新年度の計画を力動的、前進的、科学的、細部的によく樹立して5ヵ年計画達成の基礎をしっかり固めるべきだと述べました。
 総書記は、総会準備のための手配をしました。
 朝鮮労働党中央委員会政治局は、12月下旬、党中央委員会第8期第4回総会を招集することについての決定を採択し、総会の議案を協議しました。