朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会3日目の会議が行われました
 29日、朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会3日目の会議が行われました。
 金正恩総書記が行った歴史的な結語「2022年度の党及び国家の活動方向について」と綱領的な報告「わが国の社会主義農村問題の正しい解決のための当面の課題について」に示された闘争方針の計画を樹立するために総会は、2日目の会議で部門別分科を組織し、研究及び協議を始め、3日目の会議でも続けました。
 総会の委任によって、第2議案「2021年度国家予算執行状況と2022年度国家予算案について」の討議のための国家予算審議チームも組織され、草案研究を行っています。
 部門別の分科研究及び協議会では、総会に提案する決定草案を具体的に研究し、討議しています。
 党中央委員会政治局常務委員会委員と政治局委員が分科別の研究及び協議会を指導しています。