/ 政治 - 為民献身
とりわけ強調したのは・・・
 敬愛する金正恩総書記は朝鮮人民が最高の文明を享受し、最も幸せな生活を営むようにと、為民献身の道を歩み続けています。
 チュチェ102(2013)年6月のある日、金正恩総書記がチャンソン食品工場を訪れた時のことです。



 この日、総書記は工場を見て、地元の原料による生産の実態を具体的に把握しました。
 総書記は、どんぐりとさるなし、やまぶどうなど野生の果実で生産を正常化しているとし、工場で生産された酒とシロップ、ジャムとゼリー、醤油と味噌などを見てとても喜びました。
 そして、中央直轄の工場で生産される製品に劣らない、この工場は地方経済を発展させて自力で生きて行くようにとの労働党の方針が正しいことを実証する工場だ、と言いました。
 総書記が工場を訪れて一番関心を持ったのは原料に関わることでした。
 総書記は地方工業工場の設備を近代化するのも重要だが、原料を確保するのはそれに勝るとも劣らない、原料問題はあくまで地元の原料に頼って解決するのが基本だ、と言いました。
 これは、地方工業を発展させる上で地元の原料に頼ることの重要性を明らかにした貴重な教えでした。
 朝鮮労働党が示した「地方発展20×10政策」を徹底的に実行するため今も、国中の各市、郡では地元の原料を確保するための取り組みが力強く進められています。