/ 政治 - 為民献身
朝鮮が強いのは・・・
 昨年2月、朝鮮では朝鮮人民軍創建75周年記念行事が盛大に行われました。
 この記念行事には、スペシャルゲストとして軍人ではなく社会人が招かれました。
 人民軍創建記念行事の準備たけなわの1月のある日のことでした。
 記念行事の準備状況を調べていた敬愛する金正恩総書記は、今回の行事に子たちを人民軍に入隊させた親たちと人民軍の支援で模範的な人たちをスペシャルゲストとして招くようにと言いました。
 この国の公民は誰もが国を守る人民軍になるのを公民の神聖な義務、栄誉あることと見なし、人民軍支援を誰もがしなければならない義務と思っています。
 けれど、総書記は陰日なたなく人民軍支援を続けて来た人たちの素業を大事にし、高く評価したのです。
 その後、総書記はスペシャルゲストのピョンヤン滞在中のスケジュールや休息に至るまで細かく関心を向けました。
 そして、2月14日には、スペシャルゲストと共に記念写真を撮りました。



 この日、総書記はスペシャルゲストの精神は誰もが見習うべき模範である、戦勝をもたらした試練より、70年の長きに渡って戦勝を守り抜いた試練がもっと貴いものだ、と言いました。
 国のために愛国の真心を尽くす人たちを大切にし、押し立てる金正恩総書記の許で、愛国者の大集団が育っています。
 その偉大な愛国の力で、朝鮮が日増しに強くなるのです。