/ 金正恩朝鮮労働党総書記の革命活動
朝鮮労働党中央委員会政治局協議会が行われました
 朝鮮労働党中央委員会政治局は、最大非常防疫システムの稼動実態を点検し、政治的・実務的対策を補強するため、5月14日、党中央委員会本部で協議会を開きました。
 敬愛する金正恩総書記が協議会を指導しました。
 協議会には、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員と党中央委員会政治局委員、委員候補が参加しました。
 国家非常防疫部門の幹部たちと保健省の責任幹部がオブザーバーとして参加しました。
 政治局は先ず、5月13日の現在、伝染病の拡散状況についての国家非常防疫司令部の報告を聴きました。
 5月13日、全国的に17万4440人の発熱者が新しく発生し、8万1430人が全快し、21人が死亡しました。
 この4月末から5月13日まで発生した全国的な発熱者の総数は52万4440人であり、そのうち24万3630人が全快し、28万810人が治療を受けており、現在までの死亡者の数は27人です。
 報告は、地域別、単位別の伝染病の拡散データと病気の経過の特性に触れ、ほとんどの場合、科学的な治療方法をよく知っていないことから薬物過多服用をはじめ過失によって人命被害が招かれたことについて通報しました。
 政治局は、全国的範囲で拡散している伝染病の状況を迅速に抑止し管理し、戦略的主導権を確固と握るための政治的・実務的対策を討議しました。
 協議会では、最大非常防疫システムに即して緊急解除する予備医薬品を速やかに補給するためのことが集中討議されました。
 需要薬品の輸送と供給に国家的な手段と人員を総動員して、医薬品が患者たちに適時に届き、利用されるようにするための実務的手順が改めて確定されました。
 協議会では、特殊な体質的環境を持つ発熱者をはじめ様々な患者たちへの科学的な治療方法を合理的に導入して、人命被害を最小化し、伝染病の拡散動向をより細密に注視し、適時に対応するための方途が真摯に討議されました。
 金正恩総書記は、世界で新型コロナウイルスの拡散状況が極めて深刻であるように、共和国でもこの悪性伝染病の拡散が建国以来の大動乱だと言えるだろうが、防疫政策の実行で中心を失わず、党と人民の一心団結に基づく強い組織力と統制力を維持し、防疫闘争を強めるなら、いくらでも危機を克服することができる、と述べました。
 総書記は、事態の本質と根源を科学的に分析し、現状が地域間の統制不能の拡散でなく、封鎖地域と各単位内での拡散状況であり、殆どの病気の経過が順調であることからも分かるように悪性伝染病を優に最短期間内に克服できるという自信を持たなければならない、と述べました。
 そして、わが党と政府が主動的に思い切って取った地域別封鎖と単位別隔絶の措置の合理性と効率性を改めて強調し、各非常防疫単位で自分の地域、自分の単位の防疫活動の作戦と指揮をより緻密に行って、伝染病の拡散推移を必ず逆転させるべきだ、と述べました。
 今の保健危機状況を迅速に打開するためには、人民皆の科学的な防疫意識を高めることが重要だとし、治療予防機関をはじめ関係部門で広範な大衆に伝染病の防止と治療に必要な知識をよく知らせると共に、大衆の理解を図った色々なコンテンツを多く作ってマスコミを通して広く普及するようにと述べました。
 総書記は、わが党の保健及び防疫政策を誰よりもよく知っている各党組織の活動家が試練を経ている大衆の中に深く入って苦楽を共にし、有能な先導者、親切な解説者になって防疫戦の勝勢を確固と保障すべきだ、と述べました。
 各党組織が人民への限りない献身と変わらない忠心を胸に人民を守って決然と奮起し、鋭い防疫戦争で常に斥候隊、突撃隊、防弾壁になるべきだ、と述べました。
 総書記は、厳しい時であるほど、助け合い、いたわり合うわが社会の徳と情はいかなる最新医学技術よりも、防疫で勝利できるもっと威力ある秘訣、保証だとし、全ての党組織がこの世の誰も持つことも真似ることもできないわれわれの最高の共産主義の美徳と美風がこの厳しく苦しい防疫対戦でもっと高く発揮されるよう働きかけるべきだ、と述べました。
 総書記は、党中央が歴史の試練の前で改めて自分の指導的役割を検証される時が来た、われわれが何のために必要な人であるか、われわれが誰のために命を賭して闘うべきかをもっと深く自覚する時である、わが党は自分の重大な責務に勇敢と乗り出し、限りない忠実さと献身で国と人民の安全の全責任を持つだろうとし、防疫戦で必ず勝利を収める意志を重ね重ね表しました。
 総書記は、常に人民と運命を共にする決意と、一日も早く国中の家庭に平穏と笑みが戻ることを切々と祈る思いで、家庭で用意した常備薬品を本部党委員会に寄贈するとし、苦しい世帯に送るようにと提案しました。
 金正恩総書記は、われわれの防疫部門が先進国の防疫政策と防疫の成果と経験を深く研究することもとても重要だとし、特に中国の党と人民が悪性伝染病との闘いで既に収めた先進的で豊かな防疫の成果と経験を積極的に見習うのが良い、と述べました。
 協議会ではまた、保健医療部門の物質的・技術的土台を迅速に固めるための実務的対策を取ること、非常防疫活動を阻害する数々の不定的傾向を強く抑えるための法律的対策を立てることなどが討議されました。