/ 世界と朝鮮 - 国際親善展覧館
工芸「ガネーシャ」



 敬愛する金正恩総書記にチュチェ101(2012)年4月13日、アジア地域チュチェ思想研究所のムケシ・クマール・シャルマ書記長から贈られた工芸「ガネーシャ」です。
 インドで「ガネーシャ」は成功と幸運のシンボルとして崇められているといいます。
 工芸は、人の体に象の頭をした「ガネーシャ」が全身を宝石の帯で飾って座っている姿を表しています。
 工芸のサイズは長さ20センチメートル、幅20センチメートル、高さ20センチメートルです。